ゆでたまころころ 

適当にやってる大学生のブログです

例えディストピアでもブログを描き続けていたい

はてなブログ人気エントリーを寝る前に見るのが日課の私ですが、最近は月初めになると「〇〇PV!〇〇収益突破!!」という記事がいっぱい湧いてきて正直うんざりしている。ま、別に彼らは稼ぐための手段としてブログを選択しているわけだから、別にちゃんとした日記を書けとは言わないけどさ。

ただ、こう、一抹の不安を感じるわけだ。今でこそ、PV収益報告の記事はそこまでの量はないが、もう少ししたらもっともっと増えるんじゃないかと。そして、はてなブログアフィブログだらけになるのではないかと。

 

ここでちょっとIT用語辞典からブログという言葉の意味を引用します。

ブログとは、個人や数人のグループで運営され、投稿された記事を主に時系列に表示する日記的なWebサイトの総称。“weblog”(ウェブログ)とは “web” と “log”(日誌)を一語に綴った造語で、現在では略して “blog” (ブログ)と呼ばれることが多い。

いわゆる日記的な内容(行動記録や身辺雑記など)を掲載する場合と、自らの社会的地位や専門分野などに根ざして時事の事柄などについてコメントしたり分析したりする内容を掲載する場合がある。また、企業や行政などが情報の告知手段として利用する事例が増えており、その場合はその機関が広く周知したい情報や公式見解などが掲載内容となる。

まず、私が最近思うのは、あれらをブログと言っていいのかなということ。

だってあれらは商品レビュー及び特定ジャンルにおけるランキングの掲載記事ばっかりだからね。

 

で、私は別にそれを悪いと思ってないし、むしろこれらをアフィブログとか言って乏しめる方がイカンと思うわけです。何故ならば、まぁ例えばですけど、ヒトデさんのこの記事

www.hitode-festival.com

これはさ、まぁここからPC買ったら著者にいくらかは入ると思う。

でもさ、それって当たり前じゃん。だってヒトデさんがこうやってオススメのPCを調べてレビュー書いてくれてるおかげで、ノートPCを買いたいあなたは、自分でノートPCを調べる必要性がなくなり、ラクに簡単に優秀なノートPCの購入に踏み切れるのだから。

その対価として著者にお金が入ることになんの問題もない。それが嫌なら自分で時間費やしてノートPC調べてくださいってそれだけの話。

 

ただ、まぁアフィブログだらけになったはてなブログなんていうのは、中々寂しいものがあるじゃないかと、そう考えてしまうだけです。

いつかはてなブログのランキングが「〇〇PV!〇〇収益突破!!」「〇〇〇 オススメ10選!」「2015年 〇〇ランキング」「〇〇がヤバイ!!△△な件!」だらけになるんじゃないかと、でもそんなディストピアな世界になっても細々とブログ続けられていたらいいなって、そう思うわけです。