ゆでたまころころ 

適当にやってる大学生のブログです

恵まれた地に生まれた者 大切なのは想像力である

なぜ当然 高校卒業、我が子のため NPO「貧困断つ支援を」

https://mainichi.jp/articles/20170715/ddm/041/100/087000c 毎日新聞

 

www.lomero.net

 

人には想像力がなくてはダメだと常々思う。

 

「高校生で妊娠なんて自業自得」「妊娠して学校辞めて支援して?虫が良すぎ」

 

恵まれた地に生まれたこと、察するに有り余る。

同じ女性として、私が中高生の時に妊娠も中退もしていないのは、たまたま都会に近い場所に生まれ、たまたま友人関係に恵まれ、たまたま親が常識人だったから。すなわち偶然に過ぎないということである。

自分の周り、特に中高生という狭い世界の中に、まともでない男しかいない環境というのは、おそらく、ごまんとあるだろう。

妊娠して、学校をやめて、シングルマザーになって・・・もう十分すぎる責任を負っているのではないか?中絶したとしても、幼き母の心情は察するに有り余る。

 

妊娠を機に高校をやめ、パートナーとの新生活や子育てに夢を膨らませる生徒もいるが、現実は厳しい。夫婦が離婚する割合は10代後半が最も高く、シングルマザーになれば多くは生活に困窮する。 引用:毎日新聞 2017.7.15

 

f:id:sibirudon:20170813002516p:plain

引用 : 厚生労働省 ひとり親家庭の支援について 2014.3

 

上記データから、母子家庭と父子家庭では母子家庭が圧倒的に多く、離婚した高校中退夫婦の多くは母親がその子供を引き取るのであろう。

中退して子供のいる母親と、中退して子供のいない父親、どちらが生きていくのに負担が大きいのか?高校中退した母親に正規雇用の道があるかというと、非常に難しいだろう。

だからこそ、高校を中退させてはならないのである。

自業自得というが、未成年の母親を、一体誰が責めれるのか?ゴムをつけてくれない男はこの世にごまんといるであろう。

ピルを飲んでいればいいというのか?だが、現在の日本の性教育でそこまで考えが及ぶのだろうか。父親も、母親も、いずれ離婚してしまうとしても、高校を中退するべきではないし、学校がそのような中退しろという空気を作るなどもってのほかなのである。

幼き母親の生活が苦しいということは、その子供の生活も苦しくなるのである。

貧困は連鎖する。それを断ち切るためには学歴が少なからず影響する。

 

自己責任と言い切れる者は幸いなるかな。

あなたは恵まれた地に生まれたのだから。

 

 

 

カットイラスト依頼受け付けます。

カットイラストの依頼を受け付けています。1枚当たり4000円~8000円程です(依頼内容によって変動いたします)。

依頼を下さればお見積り致しますので、記事下のお問い合わせフォームを利用して頂くか、Twitterゆでたま (@yudeyude123) | TwitterのDMをご利用ください。お見積り後キャンセルも大丈夫です。依頼がたまった場合、一時受付を中止する可能性があります。

 

参考ギャラリー

 

続きを読む

私が何で怒ってるか分かる?を性別で考えるナンセンスさ

どもちは、ゆでたまです。

2、3日ほど前Twitterでやたら「私が何で怒ってるか分かる?」という発言に対する議論が渦巻いていたのですが、なんていうか、女ヘイトがやばすぎて・・・・もう私が言いたいことは一つでして・・・(笑)

 

女は感情的な生き物で、怒ると理性がなくなるという思い込みやめませんか?

 

ってことです。

 丁度1週間ほど前に私が公開したエントリですが・・・・

yudetamakorokoro.hatenablog.com

 

要は、「何で怒ってるか分かる?」→察してウザイ!女は察してばっか!ということなんでしょうが、私はそもそも察してが大嫌いですし、そうやって性別でくくるのは非常にナンセンスだと思っています。

男だろーが、女だろーが、「私が何で怒ってるか分かる?」って、言うやつは言いますよ(笑)

それだけ。

まじで、こういうのに便乗して「女はほんとクソ!」とかいうの見てると、こじらせちゃった童貞なのかな?って思っちゃうので。

視野を広く持つのが大切なのではないでしょうか。おわり。短いね。

 

「察して」って言っても意味ないよ たぶん

f:id:sibirudon:20170610003222p:plain

恋愛って、なんかもうずっと好きで好きでいつもハッピー幸せなものなのかと思ってましたが、意外とそうでもなく、普通に辛いことも傷つくこともあるもので。

恋人ができるまで、全くそんなことは考えてもなかったので、できないと分からないものだなぁとしみじみ。

ちなみに今の恋人は自分から告白しましたが、もう外堀を固めまくってから告白したつもりが、後から本人に「自分のこと好きだとは思ってなかった」と言われ冷汗が出まくったわけですが。

 

なんとなく漫画っぽいのを描いてみましたが、未だに自キャラを女で描くことができません(笑)

彼氏いるのに何言ってるんだという気もしなくもないですが、自分が女であるということを諦めに近い形で受け入れているので、仕方ないのかも。

 

ちょっと前まではフェミニズムに燃えてたんですが、燃えるほどに、ネット上のしんどい量のミソジニーと男嫌いと妊婦ヘイトを見まくったせいでメンタルが疲れてしまったので、最近はとりあえずは男女ともに仲良くできるといいなーレベルのふわふわした感じです(笑)

 

周りから「気が利くね」と言われることが多いのですが、親が「察しろ」タイプだったので、その影響かしらと思ったり。でも私は言われなきゃわかんねーよ過激派なので、ちゃんと言った方がいいと思います。

 2か月前に書いたものですが、ま、こういうことですね。

 

 

 

昔の話

今思うと私もかなり殴られて育った子だった。

小学生の頃から、親が怒ると殴るタイプの人間だったので、それが普通だと思っていた。

ハンガーとか怪獣のソフビとか、掃除機とか、とにかくそういうもので殴られていた。

思いっきり蹴られたりとか、普通だった。

 

中学生になって、友達に「昨日親に掃除機で思いきり殴られてさー、信じられないくらい痛かったわw」と話したら「え?掃除機で?え?」と言われ、大体の親は掃除機でぶん殴ったりしないということを知り始めた。

でも、怒ってる時以外は本当に優しかったから、よく分からなかった。

殴らないでって言ったことはあったけど、お前が悪いからだろと言われてそれきりだった。

別に親を恨んではいない。 

 

 

世の中には酷い虐待にあってる人がいて、それと比べるとまだまだ幸せな部類に入るからと思っていたが、そもそも比較すること自体が間違えていたのかなと最近思う。

 

自分が辛いことは、辛い。ただそれだけの話だから。

 

心の中の私

どもちはゆでたまです

本日は日記

 

 

学校での授業で、先生が教材としてあるビデオを流したんですね。

そしたら、そのビデオには仲のいい夫婦とその娘(小学生)が登場したのですが、そこで、本当に、本当に何気ない会話、他愛ないコミュニケーションが映されました。それで、本当に、本当に唐突に映し出されたその映像を観ていた私、気が付いたら泣いてました。

多分娘だったのがよくなかったんですね。

というのも自分がビデオに登場した女の子の年齢の頃は、両親の夫婦仲は最悪でして。もう本当に本当に辛かった時期のひとつだったわけですね。

で、女の子を見て当時の自分を思い出してしまいました。目の前に移っている微笑ましい幸せな家庭の様子を見て、説明のつかない感情がとめどなく溢れてきまして、「あー、やっぱりこんなに年月経っても辛いんだなぁ」と、実感し直したわけです。

本当に何が引き金でフラッシュバックするのか分からないものだなと。

辛かった記憶や傷は時間が解決してくれると思っていましたが、もう10年経ってもあの頃の私が心の中に居座っていたら、ちゃんと話し合わないといけないかもしれません。

今は、また。

 

 

 

 

20分でバカ回避! 快適ネットライフ

どもちは!ゆでたまです

お久です

今回はちょっと気になるモノを見たので記事書いてみます

 

まずはこちらから

www.afpbb.com

 

まぁニュースにもなってるのであれですが、沖縄でオスプレイが事故ったあれですね

で、私が気になったのはこちら

f:id:sibirudon:20161215130742p:plain

泣く子も黙るTwitterさんですね

12月15日時点で10000RT以上されてます(昨日は8000か9000RTくらいだったかな)

 

今回はオスプレイ云々ではなく、こういう系の事故が起こった時によく出てくるこういうのを読み解いていこうかなと(まぁ考えれば誰でも分かるんですけども!)

 

続きを読む