ゆでたまころころ 

適当にやってる大学生のブログです

私がニキビ治療でやったこと 月額1800円くらい

私がニキビ治療でやったことをつらつらと書いていきます。

ちなみに前は両頬に無数のニキビがありましたが、今は1つもないです。

 

  1. ニキビに対する知識をつけた
  2. 洗顔剤を変えた
  3. 洗顔に対する正しい知識をつけた
  4. 洗顔後必ず保湿するようにした
  5. リキッドファンデーションの使用をやめた
  6. 毎朝水で顔を洗った

 

これが主です!順にみていきます!

 

1ニキビに対する知識をつけた

まず私もニキビに対する知識を付ける前は『ニキビ 治す 早い』とか『ニキビ 治す 1か月』とか検索かけてましたが、まずニキビに対する知識をつけたことにより「あぁ~ニキビって短期間で治すのは、肌のメカニズム的に絶対に無理だな。」と短期間で治そうとすることに対しての諦めがつきました。

後述しますが、そもそも短期間で治すのは無理なので短期間で治そうとすると

短期間で治そうとする→治らない(当たり前)→絶望→治療をやめてしまう

というループに陥りやすいんですよね・・・

 

そもそもニキビを治すのには肌を地道にターンオーバーさせていくことになります。

肌は一定のサイクルで生まれ変わりを繰りかえしています。肌奥の基底細胞でつくられた新しい皮膚が次々と表面へと押し上げられて、いちばん表面の古くなった角層と入れ替わるターンオーバーにより、美しさや健やかさを守っているのです。
このサイクルがきちんと保たれなくなると、ニキビができやすい状態へ。本来はがれ落ちるはずの古い角質が肌表面に残ったままで、毛穴を詰まらせてしまうのです。
20代で約28日とされるターンオーバーは、年齢を重ねるほど長くなります。大人ニキビはできると治りにくく、跡が残りやすいのは肌の生まれ変わりが遅くなっているため。肌内部のうるおいを守り、外からの刺激からガードするバリア機能も衰え、トラブルを抱えやすくもなります。
ターンオーバーを整えるには、スキンケアだけでなく、ビタミンの摂取など内側からのサポートが有効です。

ニキビができる仕組み | ニキビのことならチョコラドットコム

ターンオーバーは20代で約28日で起こるので、この時点で短期間での治療は無理であることが分かります。でも短期間での治療が無理だからといって、長期間の治療に臨まなければ永遠にニキビは治らないのです。

ちなみに私の場合は、治療を始めて1年でニキビがかなりなくなり、1年半で殆ど目立たなくなり、2年でゼロになりました。

ニキビができるもっと詳しい原因のお話はこちらをどうぞ。

www.chocola.com

 

2 洗顔剤を変えた

前まではアクネスっていうの使っていたんですが、

f:id:sibirudon:20180303084022p:plainこんなやつです

そもそもニキビで肌がボロボロなのでこれめっちゃしみるんですよ・・・

あと、正しい洗顔方法をめっちゃ調べていたんですが、

【医師監修】毎日の正しい洗顔方法と洗顔料の選び方 | スキンケア大学

ここに書いてあるのから引用しますが、

もちもちの泡が玉子1分ほどの大きさまでできたら、手と肌の間にクッションのように泡を乗せ、まずはTゾーンや顎(あご)など、皮脂が多い部分からやさしく洗い始めます。なるべく指が肌に触れないようにしましょう。

つまり、あんまし顔を指でゴシゴシしちゃいけないんですね。

なのでたっぷりの泡が必要なんですが、そうすると大量にプッシュして使わないといけないのでそもそもコスパが悪い・・・

なので、色々調べて今はこの洗顔剤に変更しました。

 

然りよかせっけん

http://amzn.to/2HXQ0T6

 

  • レビューがよい
  • 泡立ちがすごい
  • 低刺激
  • 1つ2000円くらいで3か月は使える低コスパ

が決め手となりました。特に低コスパはかなり重視していたのですが、このクオリティはすごいです。もう2年くらい使ってます。何よりボロボロの肌に使っても全く痛くなかったのがよかった。

www.chojyu.com

公式サイトの説明を見るのが、どういう石鹸か分かりやすいと思います。

 ちなみに公式サイトからも買えますが、送料入れるとAmazonで買った方が100円安いので大体Amazonで買ってます。

http://amzn.to/2HXQ0T6

 

 

3 洗顔に対する正しい知識をつけた

www.skincare-univ.com

これを読んで正しい洗顔方法の知識をつけました。

洗顔剤良くても洗顔方法間違ってたらだめなので。

 

4 洗顔後必ず保湿するようにした

とにかくニキビを出さないためには保湿が超超超重要らしかったので、お風呂上りに必ず化粧水と保湿剤を塗ってます。

http://amzn.to/2HVDALD

 

使ってるのはこの保湿剤ですが、これも値段が1800円くらいで3か月は使えるので重宝してます。なにより保湿力が半端じゃないです。1度これじゃなくてニベアのクリーム煮変更したことがあったのですが、すぐ肌が荒れ始めたので、速攻でこのクリームに戻しました。ただニベア缶などと比べると少し高いので、このクリームは顔だけに使い、他の保湿したいとこはニベア缶を使ってます。

化粧水は特に違いがわからないんですが、私はこのシリーズの化粧水を使ってます。

 

5 リキッドファンデーションの使用をやめた

女性限定かもしれませんが、油分の多いリキッドファンデーションの使用をやめて、パウダーファンデーションのみにしました。

 

6 毎朝水で顔を洗った

ニキビを治すために何回も肌を洗うのは逆にニキビを悪化させてしまうと知り、毎朝の洗顔洗顔料を一切使わず水のみに変更しました。

朝、水で洗顔してから化粧水をつけて保湿します。

特にこの時も指やタオルで顔をゴシゴシしないよう気を付けました。

ほんとゴシゴシよくない!

 

 

 

最後にまとめですが、おそらく私がやった方法ですと

然りよかせっけん(2380円)+保湿剤(1800円)+化粧水(1400円)=5580円

これ1個ずつで3か月もつので、1か月あたり1860円くらいになります。

何か削れるかもしれませんが、個人的に然りよかせっけんだけは絶対に外さない方がいいと思います!本当に薬局に置いてある市販の洗顔剤と全く違います!

 

何か質問などありましたら、コメントにて受け付けていますー。

 

 

 

LINEスタンプ とらとらと一緒 販売開始!

こんちは、ゆでたまです。

LINEクリエイターズマーケットにて『とらとらと一緒』をリリースいたしました!

store.line.me

f:id:sibirudon:20180107112850p:plain

 

けっこうかわいいので気に入りましたら是非ともお願いいたします!

ちなみに私はこんな感じで使ってます。

f:id:sibirudon:20180107112959p:plain

よろしくお願いいたします!

 

store.line.me

正月早々泣いてしまった 焼き場に立つ少年

このニュースでこの写真を見た

mainichi.jp

 

新年一発目の更新がかくもめでたくなくて申し訳ないが、ある意味2018年を考える上でいいかもしれない。

 

魂に訴えかける写真というのは存在するのだなと思った次第である。

原爆、ひいては戦争の悲惨さをここまで訴えかける写真を見て正月早々涙が止まらなかった。2018年は北朝鮮を考える上で、核について考える必要がある年になるだろう。

核兵器を使用するというのは、滅亡への入り口である。そんなことは誰だってわかっているはずだ。しかし、私たちにできることというのは非常に少ないようにも思える。

こんな状況で当事者意識がなくなってしまうことが、私を何よりも恐怖させる。

そんな中私が思うのは、私たちは世界の一員であるということを認識しておく必要があるということである。

自分自身に自信をもって、世界の一員である当事者意識をもっていきたい。だからこそ、核の暗雲の前に、消えないともしびでありたい。ろうそくだって集まれば結構明るいのだから。それに、業火の前にともしびは無力であるが、暗雲の前には有力である。

 

考え続けよう、光ある限り。

 

 

 

とらとら

最近描いてる子!オリジナルなんだけど、なんとなくかいてます。

一応Twitterハッシュタグ #とらとらと一緒 でまとめ中

f:id:sibirudon:20171229194744p:plain

 

f:id:sibirudon:20171229194751p:plain

f:id:sibirudon:20171229194756p:plain

If I Ever Feel Betterを聴きながら

If I Ever Feel Betterを聴く

少なくとも100回は聴いてるんじゃないか?

心地よい音に耳を澄ませ、自分の悲しみと向き合う

この曲を聴く時は、いつだって悲しい時だ

そして勇気をもらいたい時だ

 

www.youtube.com

フェニックス「If I Ever Feel Better - Single」を Apple Music で

 

They say love ain't nothing but a sore

痛みを伴わない愛はないって言うけど
I don't even know what love is

僕は愛がなんなのかさえわからない
Too many tears have had to fall

止めどない涙を流してきた
Don't you know I'm so tired of it all

わかるだろ?もう疲れたんだ

 

Dark is the night, cold is the ground

夜は深く、大地は冷たい

In the circular solitude of my heart

心の中を巡る孤独は

As one who strives a hill to climb

丘を越えようと努力する者のよう

I am sure I'll come through I don't know how

いつか乗り越えられるけど、どうしていいか、今は、わからない

 

とめどない涙を流してきた

私にはどうしていいか、今は、分からない

どうしようもないことに泣いて、どうしようもなく分からない

 

今はまた、この曲を聴く

いつか乗り越えられることを信じて

 

和訳はこちらから

yudetamakorokoro.hatenablog.com

 

 

 

恵まれた地に生まれた者 大切なのは想像力である

なぜ当然 高校卒業、我が子のため NPO「貧困断つ支援を」

https://mainichi.jp/articles/20170715/ddm/041/100/087000c 毎日新聞

 

www.lomero.net

 

人には想像力がなくてはダメだと常々思う。

 

「高校生で妊娠なんて自業自得」「妊娠して学校辞めて支援して?虫が良すぎ」

 

恵まれた地に生まれたこと、察するに有り余る。

同じ女性として、私が中高生の時に妊娠も中退もしていないのは、たまたま都会に近い場所に生まれ、たまたま友人関係に恵まれ、たまたま親が常識人だったから。すなわち偶然に過ぎないということである。

自分の周り、特に中高生という狭い世界の中に、まともでない男しかいない環境というのは、おそらく、ごまんとあるだろう。

妊娠して、学校をやめて、シングルマザーになって・・・もう十分すぎる責任を負っているのではないか?中絶したとしても、幼き母の心情は察するに有り余る。

 

妊娠を機に高校をやめ、パートナーとの新生活や子育てに夢を膨らませる生徒もいるが、現実は厳しい。夫婦が離婚する割合は10代後半が最も高く、シングルマザーになれば多くは生活に困窮する。 引用:毎日新聞 2017.7.15

 

f:id:sibirudon:20170813002516p:plain

引用 : 厚生労働省 ひとり親家庭の支援について 2014.3

 

上記データから、母子家庭と父子家庭では母子家庭が圧倒的に多く、離婚した高校中退夫婦の多くは母親がその子供を引き取るのであろう。

中退して子供のいる母親と、中退して子供のいない父親、どちらが生きていくのに負担が大きいのか?高校中退した母親に正規雇用の道があるかというと、非常に難しいだろう。

だからこそ、高校を中退させてはならないのである。

自業自得というが、未成年の母親を、一体誰が責めれるのか?ゴムをつけてくれない男はこの世にごまんといるであろう。

ピルを飲んでいればいいというのか?だが、現在の日本の性教育でそこまで考えが及ぶのだろうか。父親も、母親も、いずれ離婚してしまうとしても、高校を中退するべきではないし、学校がそのような中退しろという空気を作るなどもってのほかなのである。

幼き母親の生活が苦しいということは、その子供の生活も苦しくなるのである。

貧困は連鎖する。それを断ち切るためには学歴が少なからず影響する。

 

自己責任と言い切れる者は幸いなるかな。

あなたは恵まれた地に生まれたのだから。

 

 

 

カットイラスト依頼受け付けます。

何点か依頼を頂き、料金、依頼方法の方を詳しく書き直させていただきました。よろしくお願い致します。

 

カットイラストの依頼を受け付けています。主にアイコンイラストです。

 

1枚当たり5000円~8000円程です(依頼内容によって変動いたします)。

時給換算1500円で考えていますので、依頼内容によって制作時間をこちらが提示し、料金提示となります。(例 : 制作にかかる時間を4時間と見た場合1500×4=6000円となります)

細かいパーツがあるものは時間がかかるので、ご了承お願い致します。

 

依頼を下さればお見積り致しますので、記事下のお問い合わせフォームを利用して頂くか、Twitterゆでたま (@yudeyude123) | TwitterのDMをご利用ください。お見積り後キャンセルも大丈夫です。依頼がたまった場合、一時受付を中止する可能性があります。

 

参考ギャラリー

 

続きを読む